ホーム > 真如寺について > 大乗寺

大乗寺 歴史と意義

大乗寺 歴史と意義

東香山大乗寺(どうこうざんだいじょうじ)は、山号を別に古くは椙樹林(しょうじゅりん)、のちには金獅峯(きん(こん)しほう)ともよんでまいりました。ご開山は、福井県の曹洞宗大本山永平寺の第三代・徹通義介禅師(てっつうぎかいぜんじ) (1219~1309)です。徹通義介禅師は師の道元禅師(どうげんぜんじ)(1200~1253)のおしえを伝 えて質素で慎やかな修行を続け、のち中国にわたり諸山を遍歴して「五山十刹図(ごさんじっさつづ)」(旧国宝・重文指定)を撰述し、帰国して永平寺の寺規、伽藍を一新して「永平中興(えいへいちゅうこう)」とよばれました。また、大乗寺は、永平寺の四門首(しもんしゅ)(永平寺の門葉の四代表寺院)の一つとなっています。徹通義介禅師は、のちに加賀の地へ移り、守護職冨樫(とがし)氏の帰依をうけて、野々市に大乗寺を開きました。正応(しょうおう)2年(1289)のこととされます。

 徹通義介禅師のお弟子に瑩山紹瑾禅師(けいざんじょうきんぜんじ)(1268~1325)がおられます。瑩山禅師は、大乗寺第二代となり、やがて羽作市の永光寺(ようこうじ)、ついで大本山總持寺を開き、日本で最多寺院を擁する曹洞宗の基盤をつくられ、道元禅師を高祖(こうそ)とおよびするのにならんで太祖(たいそ)と仰がれています。

 このように、大乗寺は、永平寺、總持寺の両大本山とも特別の由緒をもつ寺院です。江戸時代、今からおよそ三百年あまりむかし、加賀藩老本多家の庇護のもと現在地に移り、二十六世中興月舟宗胡禅師(げっしゅうそうこぜんじ)、二十七世復古卍山道白禅師(まんざんどうはくぜんじ)が登場し、道元禅師の古風を尊重し、清規をととのえ、「規矩大乗(きくだいじょう)」の名を天下に知らしめ、禅のきびしい修行道場として世にその名を高めてまいりました。現在も、大乗寺専門僧堂を運営しています。

 大乗寺の伽藍は、わが国禅宗建築なかんずく曹洞宗寺院建築の典型的な七堂伽藍の配置を示しており、仏殿は国の重文指定、その他の建物は、石川県の指定有形文化財となっています。

 いま、大乗寺には多くの人びとがこころのさささえを求めて参禅におとずれ、あるいは境内の寂びた佇まいに、みずからの本来のあり方をさぐろうとする人びとが、年ごとに増えています。